サポートする係の仕事

就職が有利になるように

資格は必須ではない

歯科助手になるための資格というものはありません。
しかし資格がない人より、ある人の方が採用されやすくなるのは確かです。
確実に歯医者に就職できるように、歯科医療事務管理士の資格を獲得しておきましょう。
資格があるということは、知識を持っているということです。
すると採用して、すぐに仕事を任せられるので歯医者側も安心します。

人手不足が問題になっているのでどこの歯医者でも知識をある程度持っている人を優先して採用しています。
資格を持っているとアピールして、自分を採用することのメリットを面接で伝えてください。
また、歯科助手になりたいという熱意を伝えても良いですね。
すると、こちらの想いをわかってくれるので採用されます。

ミスを防ぐことができる

言われた通りに仕事ができるので、ミスを減らせる面もメリットです。
全く知識を持っていない状態で採用されると、言われたことができないかもしれません。
また1つの仕事を終わらせるのに、長い時間が掛かってしまいます。
毎日、歯医者にはたくさんの患者さんが訪れます。
全ての人を治療するたねには、1人の時間を短くしなければいけません。

ですから知識を持っている状態で、仕事をすることが重要です。
資格を獲得するためには、たくさん勉強しなければいけません。
大変ですが勉強して得た知識は、働く時に必ず役に立ちます。
自分には無理だと思わないで、頑張って勉強してください。
ミスを何回も起こすと、せっかく採用されてもすぐクビになってしまいます。


▲ TOPへ戻る