サポートする係の仕事

得るために頑張ったこと

計画的に勉強したこと

医療事務管理士の資格を得るために、計画を立てて勉強していた人がいると思います。
しれはアピールポイントになるので、面接の時に伝えてください。
客観的に物事を捉えて、自分に最もふさわしい計画を考えられるという部分をわかってもらいましょう。
言葉で、自分は冷静に物事に対応できるといっても伝わりません、

具体的なエピソードが必要です。
しかし、流すぎる説明では何を言いたいのか理解してもらえないでしょう。
短く頑張ったエピソードをまとめてください。
前もって、言いたいことを考えておくのが良い方法です。
それなら面接の本番で、自己アピールをする時にスムーズに言葉を述べることができます。
何度も練習することで、緊張もしません。

どんなことをしたいのか

勉強していると、歯科助手の仕事内容を具体的に学ぶことができます。
するとこんな仕事をしたいと、目標が生まれるかもしれません。
それを、面接の時に伝えると良いですね。
目標を持っていると、前向きに仕事に取り組むとアピールできます。
困っている患者さんを助けたい、先生の負担が少しでも削減できるように自分がサポートしたいというような目標を考えてください。

また目標があれば、勉強するのが楽しくなると思います。
夢に向かって、頑張りましょう。
何も目標を決めていないと、困難にぶつかった時にそこで諦めてしまいます。
歯科助手になって何をしたいのか、面接でも聞かれることが多いです。
こちらも前もって、答えを用意しておきましょう。


▲ TOPへ戻る